仮想化基盤が使われているサービスはどんなものか

仮想化基盤は、オペレーティングシステムやハードウェアなどの機能をそっくりそのまま仮想環境上で再現できるシステムです。

仮想化基盤の技術は色々なところで使われていて、ビジネスの世界でも重要な役割を持っています。
この仮想化基盤を使ったサービスは主にサーバ分野があります。



クラウドサービスやWEBサービスはこの仮想化されたサーバを使って提供されているものが多いです。他にも、アプリ開発や特殊環境を再現する上でも活用されています。

アプリ開発での利用例としては、アプリを開発する上で重要な動作検証をこの仮想環境上で行うことで効率よく手間を削減できるようになりました。

具体的なやりかたは、仮想環境上にOSをインストールすれば通常通りのOS環境が手に入りますので、その中で開発したプログラムをコピーし実行します。

NAVERまとめの情報検索をお役立てください。

そのようにして実行されたプログラムはどのようなバグや誤動作が発生したとしても、その影響範囲は仮想環境の中だけで収まるため、安全に実行できるというわけです。そして特殊環境の再現については、既存のプログラムを特殊な環境内で実行することで、OSというシステム基盤の動作の検証も可能になります。
デバイスドライバのような、特殊なソフトウェアはメインのOSの中では動作の制限があって、実験するのに不適切です。

そのため、仮想環境のように簡単に外部から環境を設定し作り替えられるものを活用して、ソフトの仕組みを解明することができます。

気になるNutanix情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤が使われているサービスはどんなものか All Rights Reserved.